セブの物価など短期留学に必要な費用

セブ島での短期留学でかかる費用は、1ヶ月で最低10万円程度でしょう。これは授業と寮、食事、全てが入った金額です。もちろん授業のコマ数を多く取っていたり、寮が1人部屋だったりすると、その分の費用はあがりますので、前述した金額はあくまでも最低金額の目安として考えて下さい。真面目に外に出ず、友人とも遊ばないと決めているのなら、語学学校の費用のみで他は何もかかりません。しかし全く何も交流がないというのも面白くないです。せっかくリゾート地に留学するのですから、とことん楽しまなければ損です。では友人たちと遊びに出たとして、1ヶ月にいくらかかるのか。フィリピンは物価が日本の三分の一から四分の一程度ですので、外に遊びに出て豪遊したとしても、語学学校の費用と合わせて15万円くらいで済むでしょう。

セブ島でのアクティビティの金額

短期留学中のお休みの日に人気があるのはアイランドホッピングです。アイランドホッピングとは、2つ以上の島を船で巡り、シュノーケルやバーベキューを楽しむというものです。日本からツアーで申し込むことも出来ますが、留学中で費用を抑えたい人には、現地で直接交渉も出来ます。アイランドホッピングを行っている場所に行けば、現地で必ずといっていいほど声をかけられます。アイランドホッピングでは船で移動するので、1人いくらなのかではなく、船1隻がいくらなのかということです。乗船できる定員ギリギリの人数で乗り、その金額をみんなで割ればかなり安くつきます。1隻で大体3000ペソ程度でしょう。せっかくリゾート地にいるのですから、たまには勉強から離れ羽を伸ばしてみてはいかがでしょうか。

セブ島でインターンシップで働く選択

短期留学では、少なからず授業料がかかります。しかしインターンシップで働くという選択もあります。セブ島では韓国人経営の語学学校が多く、日本人向けに作っているインターネットサイトの翻訳などが必要です。しかし翻訳機能を駆使しても正しい日本語にはならない為に、日本人のインターンシップ生を募集して雇い、正しい日本語にしてもらうよう依頼しているところもあります。もちろん働きますので、滞在費用は無料で食事もついています。ほとんどが無給ですが、魅力的なことに語学学校によっては有給のところもありますし、更に授業つきというところもあります。無料で有数のリゾート地で英語を勉強しながら働くという選択もできるのです。意外と知られていない制度ですが、海外就職をしようと考えている方にはその前のステップアップとして挑戦する人も増えています。