短期留学して気づくセブの魅力

近年、語学留学の場として人気が浄書しているのはフィリピンのセブ島です。費用が安くて済む上に、日本からの渡航時間が約4時間と短くて済みます。予算が限られているワーキングホリデーや短期留学では、短期間の間に日常生活で必要な語学力を効率的に学ぶ場として注目を集めています。また、レッスン内容は、長時間のマンツーマンレッスンと、団体での授業を苦手とする人が多い日本人にとっては学びやすく語学を効率的に学ぶことができます。このように近くて安全で安くて学べる上に、マンツーマンレッスンによって短期の間にしっかりと英語の上達が期待できるのでフィリピンは国政的にも注目されつつあります。またフィリピンは世界で3番目に英語を話す人の多い国といわれているので、身近に英語に触れることのできる環境だと言えます。

欧米留学との違いとメリットについて

英語の留学といえば、アメリカやイギリスを思い浮かべる方もいるかもしれませんが、日本から近いセブへの短期留学にはメリットがいくつかあります。まず、留学費用の安さです。欧米へ留学すると物価も高く食事などのホームステイ代などの費用が高くつき、あすがフィリピンでの費用は約半分ほどになる可能性があります。日本国籍なら30日までの短期であればビザの申請は不要で、30日以上の滞在の場合でも学校が代理で行ってくれるので安心です。滞在もホームステイではなく全寮制なので、同じ境遇の仲間と共に助け合い、食事などの管理も全て語学学校がケアしてくれるのでトラブルも少なくて済みます。週末には観光地でダイビングなどを楽しむなど、勉強で疲れたからだを週末にはリフレッシュすることができます。

語学留学の内容と魅力と特徴について

フィリピンでは英語とフィリピン語の2ヶ国語教育を受けているため国民のほとんどが英語を話すことができます。セブに短期留学することの最大の魅力はマンツーマンの授業です。欧米圏ではコストの面からマンツーマンレッスンを受けるのは難しいですが、フィリピンでは安価なコストで実現できます。自分のレベルに合わせてテキストも適切な内容のものが使えるため、短期で語学を取得するには適した環境と言えます。フィリピン人は、親日家が多くフレンドリーなので初めてでも友達になりやすく、人のあたたかさを感じることができます。また生活必需品も全て安価なので、生活や観光を楽しむことができます。留学中は全寮制で、寮が敷地内にあることが多く通学の交通費や時間もかからずに語学の勉強に十分に時間を取ることができます。